日本食肉流通センターロゴ
公益財団法人日本食肉流通センター
神奈川県川崎市川崎区東扇島24番地 電話044-266-1172

統計資料

用語解説

ごらんになりたい項目をクリックしてください。

公表事業の用語

用 語 概 要 説 明
部分肉 ・部分肉とは、と畜解体して2分割された枝肉からさらに各部位毎に分割カットし、骨や余分な脂肪を取り除いて整形した状態の肉のことをいう。
・分割整形された部分肉は、真空パックした後、段ボール箱に入れて流通することから、取引の効率化、輸送コストの低減、保管の効率化、衛生管理の向上等様々なメリットが期待できる
部 位(部分肉の名称) 豚肉の部位(うで、かたロース、ロース、ヒレ、ばら、もも)
牛肉の部位(ネック、かた、かたロース、かたばら、ともばら、ヒレ、ロイン(リブロース、サーロイン)、うちもも、しんたま、 らんいち、そともも、すね)
公表地域(データ収集地域) センターが公表している部分肉の取引情報(地域別、畜種・部位別の取引価格・数量)のデータを収集している地域(首都、近畿、中京、九州)
公表地域 首都圏 神奈川、東京、埼玉、千葉の4都県
近畿圏 兵庫、大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山の6府県
中京圏 岐阜、愛知、三重の3県
九州地域 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の7県
公表畜種 国産:豚、牛(和牛、乳牛、交雑牛)、輸入:豚、牛
公表品目 豚カット肉「Ⅰ」 肉質等級が極上、上の枝肉からつくられた豚部分肉
和牛チルド「3」 肉質等級が3の枝肉からつくられた和牛部分肉
乳牛チルド「2」 肉質等級が2の枝肉からつくられた乳牛部分肉
交雑牛チルド「3」 肉質等級が3の枝肉からつくられた交雑牛部分肉
輸入牛肉・豚肉 輸入された牛部分肉・豚部分肉
国名・態様 US.C 米国産でチルド(冷蔵)の状態で輸入されたもの
US.F 米国産でフローズン(冷凍)の状態で輸入されたもの
AU.C 豪州産でチルド(冷蔵)の状態で輸入されたもの
CAN.C カナダ産でチルド(冷蔵)の状態で輸入されたもの
CAN.F カナダ産でフローズン(冷凍)の状態で輸入されたもの
DEN.F デンマーク産でフローズン(冷凍)の状態で輸入されたもの
グラスフェッド
(牧草肥育)
主に牧草だけで肥育・生産された牛肉であり、低脂肪で赤身が多くやや硬いのが特徴
グレインフェッド
(穀物肥育)
と畜前の肥育段階後期に筋間脂肪(サシ)を付ける等の肉質改善のため、穀物を給与して育てた牛肉であり、グラスフェッドより柔らかいのが特徴 (肥育期間:ショート(80~100日)、ミドル(120~180日)、ロング(200~240日)の3期間がある)
市場取引価格 卸売市場においてセリ・入札で取引された価格
相対取引価格 売手と買手の2者間(相対)で取引された価格
相手先渡し価格 納入先への店頭渡し価格